肉ロックフェスの主役は肉だけではない

肉ロックフェスで肝心のロックの部分ですが、今回のお目当てはSPYAIRとニコタッチズザウォールズでした。今まで一度もステージを見たことがなかったのですが、好きな曲があってアルバムの曲は一通り聞いていたりしていました。
SPYAIRのステージもとてもよかったのですが、とりわけニコのステージはかなりテンションが上がりました。

知っている曲ばかりを演奏していたというのもありますが、何より盛り上がってテンションが上がりました。ボーカルの光村さんが肉食ってれば死なないからなと言っていたのが印象的でした。

当初はその2組が見られれば満足だったのですが、ステージの合間合間に余裕があったので、なんだかんだでOKAMOTO’Sや電気グルーヴなども見てきました。バンド名を知らなくても聞いたことがある曲があったりして新しい発見がありました。
電気グルーヴは世代が少し違うのもあって全くの予備知識がない状態でしたが、独特の世界観で人気があるのがわかる気がしました。

ロックではないと当人たちも言っていましたが、テクノにも興味がわくいいきっかけになりました。